目次

  1. 本革を見極められる人はたったの20%!?
  2. じゃあ…本革を選ぶ必要って!?
  3. こんなこと”が”できるの?
  4. こんなこと”も”できるの?

本革を見極められる人はたったの20%!?

本革と合皮の違い、あなたは見極められますか?

100%判別できるかといわれると、自信が無い…
そんな方が多いんじゃないでしょうか。

実際、レザーテーラー東京にいらっしゃるお客様とお話しをさせていただいても、本革をバシッと見極められる方は20%ぐらいです。

最近はPUという通称とともに、合皮は少しずつ普及していますね。
製造技術も性能もメキメキ進化しているらしいです。

ますます本革と合皮の見極めが難しくなってきています。

レザーテーラードジャケットの袖口

じゃあ…本革を選ぶ必要って!?

メキメキ進化を遂げている合皮ですが、どうしても本革には勝てない要素もあります。

合皮の場合、着込んでいくと、いつの間にか表面がポロポロと剥がれてきて、意外と短期間で着れなくなってしまうのはよくあること。

しかし、本革の場合はというと、何度も着れば着るほど、劣化するどころか風合いや柔らかさが変わってきて、味がでてきます。

つまり時間が経つにつれて、
合皮は「経年劣化」してしまうけど、
本革であれば、あなたの身体にフィットする革へと「経年変化」していくということ。
これぞ、本革にしかない魅力です。

それでもやっぱり合皮の方が色のバリエーションとか多いし… そう思ったそこのあなた!

確かに本革の製品はブラック、ネイビー、グレー、キャメルといった定番カラーから選ぶものが多いですよね。

でもレザーテーラー東京なら、なんと!!
革も裏地も100色以上のカラーバリエーションから好みを組み合わせてレザージャケットを造れちゃうんです!

レザーテーラー東京の革は、種類によってはその後からでも再染色もできますので、2〜3年程着用した後で他の色も着てみたいな〜なんてときには、染め直しも可能。

経年変化による革の風合いに染め直しの色が合わさって、更に愛着のある一品になるのも、レザーテーラー東京の本革ならではの魅力です。

〈左:再染色前パープル 右:再染色後ブラック〉

レザージャケットの再染色の比較

こんなこと”が”できるの?

レザーテーラー東京ではオーダーメイド(ビスポーク)にも複数のメニューをご用意しています。

1)カラービスポーク
豊富なカラーバリエーションの中から、レザーや裏地はもちろん、ジッパーやボタンなどのアクセサリーまでカラーを選べます。

2)レングス・ビスポーク
ベルトやカフスの見え隠れなどのお好みに合わせて、着丈・袖丈を1mm単位で調整できます。

3)ディテールビスポーク
既存のデザインにボタンやポケット、ビンテージジッパーを加えるなど、
ディテールまで自分だけのカスタマイズができます。

こちらは”カラービスポーク”メニューのオーダー
見かけることの少ない、真っ赤なレザーを使用したテーラードジャケット。
裏地もよ〜く見るとパーツごとに色を変え、グラデーションにしています。

真っ赤なレザーテーラージャケット

こちらは”レングスビスポーク”メニューのオーダー
本来はウエストの位置ぐらいの着丈であるダブルライダースを、コートの様に着たいという事で、着丈を希望される位置まで伸ばしました。

レザーコートのオーダーメイド

こちらは”ディテールビスポーク”メニューのオーダー
シングルライダースというベーシックな形をベースにカスタマイズしました
新たに胸ポケットを付け足し、裾部分はシャツ裾のようにカーブさせてます。
ウエスト調整用のアジャスターも脇に付け足して、よりフィットさせるのも自由自在に。
裏地はお持ち込みの着物素材を使用しています。

シングルレザーライダースのオーダーメイド

こんなこと”も”できるの?

上記3種類のビスポークメニューじゃ満足できない!より細かい部分までこだわりたい!そんな方には「ロイヤルビスポーク」をご用意しています。

ロイヤルビスポークとは…
一(イチ)から仮縫いをすることで、あなたの体格や好みはもちろん、ライフスタイルにもフィットさせられる最上級サービスです。
素材だけでなく、シルエットやディテールまで完璧にこだわったレザージャケットを造れます。

オーダー例1

お客様が普段着用されているチェスターコートをベースに、レザーコートをお仕立て。
お客様の体型と主要箇所の計測をさせていただき、身体にばっちりフィットした一着になりました。

レザーのチェスターコートのフルオーダーメイド

オーダー例2

通常は使用していないキップレザー(子牛と成牛の間の牛革)を素材からタンナーと共につくりこみ、お仕立てさせていただきました。
ポケット位置、襟の形状を変更することによってミニマルな印象のジャケットに。

素材からのフルオーダーメイドのレザージャケット

こちらは”アルチザン”メニューのオーダー
形、素材、色、型紙など〈全てをゼロから〉お仕立てしたレザーテーラー東京究極のオーダーメニュー。
モッズコートM-51をベースに、お客様脳内のデザインを具現化。
アルチザンに関しては全てが完全フルオーダーの為、詳細についてはお問い合わせください。

レザーのモッズコート

あなたもレザーテーラーで、本当にフィットするレザージャケットをつくってみませんか?

オーダーメイド打ち合わせ用のカウンター

【東日本にお住まいのかたは東京・本店に】
No,No,Yes! Leather Tailor Tokyo

Open : 15:15〜19:19(行こう行こう行く行く!)
定休日 : 月曜・火曜
A : 渋谷区千駄ヶ谷1-21-5
グーグルマップ
TEL: 03-3408-2706
MAIL:tokyo@nonoyes.co.jp
*上記以外ご来店希望の方はアポイントお願いします。


【西日本にお住まいのかたは大阪店に】
No,No,Yes! Leather Tailor Osaka

Open : 11:00〜21:00
定休日 : ブリーゼブリーゼの休日に準ず
A : 大阪市北区梅田2-4-9 BREEZE BREEZE 2F
BREEZE BREEZE アクセス
グーグルマップ
TEL:070-4483-5763

BESPOKE MENU / ビスポーク メニュー

レザーテーラー東京でオーダー可能な素材、革の色について

CONTACT / お問い合わせ

オーダーメイドのお問い合わせや、その他ご質問ご相談は以下のメールフォームからお願い致します。内容を確認の上、担当者より折り返しご連絡差し上げます。は記入必須となります。

フォームを入力したらチェックを入れて「送信」ボタンをクリックして下さい。